TABI-TATSU BLOG

衣食旅

【知っていればメルボルン通!】カウンターで飲めるお洒落なカクテルバーまとめ

 

以前の記事にてご紹介した通り、コーヒー文化が盛んなメルボルン

 

 

www.tabi-tatsuya.com

 

 

 

 

ですが、同時に実はバーなどの文化も盛んで若い方もカクテルバーに行ってお酒をたしなんだりしています。

 

そこで、今回は

知られざるメルボルンのバー事情とお勧めのバーを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

メルボルンのBAR事情

 

料金体系は!?

 

日本と違ってチャージという概念は一切ありません。

 

なので、どんな高級なバーでも入って一杯だけひっかけるということも気軽にできちゃいます!

 

しかも、これまた日本と違って、どこのバーにも値段が書かれたメニューが置いてあり、安心して注文することができます。

 

ちなみにその値段も消費税込みでの値段なので、変に料金が上増しされることもなく、自分がどれほど飲んでいるのかを(酒にやられて脳みそがやられていなければ。笑)常に把握しておくことができます!

 

 

 

注文システムは!?

 

Googleマップ上のお店用途に

“bar” ではなく、”cocktail bar”と表記されているお店に関しては、退店の際にまとめて支払いのことが多いです。

 

通常のbarやpubに関しては注文の際にカウンターにて料金を支払うプリペイド式を採用していることが多い印象を受けます。

 

cocktail barでの支払いに関しては、テーブル会計とレジ会計のどちらを採用しているかはわからないので、ウエイターもしくはウエイトレスの方からの指示を待ちましょう。

 

 

 

 

 

メルボルンで絶対行くべきバーとは!?

 

 

では、ここからは私が実際に行ったお勧めのバーを紹介していきたいと思います。

 

 

【The Everleigh Melbourne】

 

 

フィッツロイエリアにあるこちらのbar

 

街角にあるのは、メルボルンのバーにはありがちな点なんですが、

コーナーから直接店内に入れるわけではなく、隠れ階段みたいなもので上がっていきます。

 

f:id:tabitatsu:20190322213301j:image

 

 

f:id:tabitatsu:20190323100909j:image

 

 

このドアを開ければ階段があるので、それで店内に向かいます。

 


f:id:tabitatsu:20190322213516j:image

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BuL1jrIFVIs/

メルボルン1人はしご酒#theeverleighbottlingco

 

 

 

バーテンダーのお任せ

 

にさえ値段がついているので、値段は割としっかりしますが、ボラれることはないので安心感があります。

 

 

 

【1806】

 

 

シティ内にありながら、隠れ家的雰囲気マックス。

 

f:id:tabitatsu:20190322213829j:image

 

 


f:id:tabitatsu:20190322213839j:image

 

カクテルはもちろん、地ビールもいくつか扱っています。

 

ビールを注文するとタップビールよりかは缶もしくは瓶ビールで出てくると思っておいた方がよいです。

 


f:id:tabitatsu:20190322213834j:image

 

 

カウンター上は吹き抜けとなっており、二階席もあります。

 

 

 

 

 

【Prudence】

 

 

プリペイド式のbarです。

 

 

f:id:tabitatsu:20190322214123j:image

 

ハッピーアワーを導入しており、16:00-18:00までは tins(缶)を$8→$5で提供しています。

 

ここ、ビクトリア州で生産しているシトラスサワーの缶ビールはフルーティで飲みやすく、

むしろチューハイ?を飲んでる感覚でグビグビいけます!

 

 

他のカクテル類も先にご紹介した2つに比べて安価で嗜むことができます。

 


f:id:tabitatsu:20190322214131j:image

 

 

 

ちなみにテラス席や二階席もあります。

 

 

 

 

 

 

まだまだ開拓しきれていませんが、居酒屋文化がない分、かなりの数のバーがあります。

 

また、追記で随時挙げていければと思っています。

 

 

 

では!!